SERCH

【ドキュメンタリー】語り継がれる日本シリーズの伝説。江夏の21球。

日本シリーズに向け、プロ野球はクライマックスシリーズ真っ只中と、今年一年が終わろうとしています。
プロ野球の長い歴史の中、日本シリーズでは数々のドラマが繰り広げられてきました。

その中で一番の伝説と言ってもいい「江夏の21球」をご紹介します。
江夏の21球とは1979年に行われた広島対近鉄の日本シリーズ最終戦、9回裏の江夏豊が投じた21球の事。

1979年の日本シリーズ、広島東洋カープ対近鉄バファローズ。
両チーム共日本一は未経験、そして勝敗は3勝3敗まで縺れ込む、まさにドラマある展開となっていた。

最終試合も接戦で9回まで4-3と広島が一歩リード。7回から広島は万全を期して大エース江夏をリリースしていた。
しかし、近鉄も初日本一がかかっており一筋縄ではいかなかった。
ノーアウトから同点のランナーを許した広島は悪天候の影響もありエラーで無死三塁のピンチを迎えてしまう。
更に、サヨナラのランナーを許した広島はノーアウトながらも満塁策を講じた。

ここまで江夏は11球。無死満塁から江夏は偉業を成し遂げます。

その後の手に汗握る展開は是非ご自身でご覧ください!!

キーワード:, ,

元動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=m1E4dTGyECM&spfreload=10

TOP>>>【ドキュメンタリー】語り継がれる日本シリーズの伝説。江夏の21球。